スタッフブログ

Best Album 2015

2015年のベスト・アルバムも9枚で。
iTunesくんに年が2015年でアルバムのレートが★より大きい再生頻度の最も高いものを10枚選んでいただきました。

2015-Best-Album#3

Anna & Elizabeth self-titled
カーターファイリー、ゴスペル、ニグロスピリチュアルをアパラチア音楽の手法で再現
Controversial Spark “Angels of a Feathe”
ムーンライダーズの鈴木慶一+カーネーションの元ドラマー矢部浩志+図書館のギタリスト近藤研二+The Uranusのベースの岩崎なおみ+The roomsのkonoreという世代を超えた5人が集結
Daby Toure “Amonafi”
西アフリカ・モーリタニア出身のダビー・トゥーレ、新しいアルバムは西アフリカ言語ウォロフ語で「昔」を意味し、アフリカの過去、現在、未来を6つの言語を使って織りなす
Dawes “All Your Favorite Bands”
思わず©を見直してしまいましたwこーゆーの聞いてるからアカンのですわ(自虐)
Jeff Lynne’s ELO “Alone in the Universe”
ドラムの録り方がまんまリンゴでやっぱりねぇ
Jodymoon “All Is Waiting”
オランダのフォーク・デュオ、女性ヴォーカルがジョニっぽい
Jorma Kaukonen “Ain’t in No Hurry”
ジェファーソン・エアプレイン〜ホットツナのギタリストだったヨーマ・コウコネンがピエモンテフィンガーピッキングを駆使、”The Terrible Operation”いい味出してます
Kenny Lattimore “Anatomy Of A Love Song”
ケニー・ラティモア&シャンテ・ムーア婚姻関係を解消して初めてのアルバム、2015年なら”Black Messiah”を選んで欲しかった
Lucero “All a Man Should Do”
メンフィスのオルタナカントリー・バンドの11作目、アルバムタイトルはBig Starの“I’m In Love With A Girl”(このアルバムでもカバー)から
10枚目にRumer “B Sides & Rarities”

私を構成する9枚

会社で「#私を構成する9枚」というものが流行ってると聞きおよびました。
「私を構成する」とはこれまで自分に影響を与え人格形成にまで影響を及ぼすアルバムと考えるのか、単純に今の音楽嗜好を表現するのか、初っ端から悩むところです。

で、iTunesでスマートプレイリストを作ってみました。実際に聴けた方が楽しいですし。

私を構成する9枚#4

上段から時計回りに

Café Tacvba “Yo Soy”
Frank Zappa & The Mothers Of Invention “One Size Fits All”
Funkadelic “The Electric Spanking Of War Babies”
Hermeto Pascoal “The Free Music Of Hermeto Paschoal”
The Pop Group “For How Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?”
Prince “Chaos And Disorder”
Sun Ra “Lanquidity”
Yerba Buena “President Alien”
暗黒大陸じゃがたら “南蛮渡来”

復活

iPod 第4世代 U2 Special Editionがお亡くなりになって数年、いつかはHDDの交換をと夢見ていたものの放置状態が続いていました。
で、なんとなくWebを見ているとHDDどころか大容量SDメモリーカードを使ってのSSD化に成功されている事例を散見、こちらなどの情報を参考に、Amazonでパーツ選びです。
http://ipod4gssd.seesaa.net/article/256064158.html

どうせなら256GBも考えましたが使えなかったら怖いのでここは128GBを選択。
Komputerbay 128GB クラス10 SDXC UHS-I 600X メモリーカード
No brand EXTREME CFアダプター
世田谷電器CFx1変換基盤 TOSHIBA1.8インチHDD互換50ピンIDE形状 上野毛 AR-IDE1CF500
ここには写ってませんが、
iPod photo交換バッテリー工具付容量UP(900mAh)-531056
つうのも注文しましたが、届いたのは750mAhでした。
IMG_5511

まずは開腹作業ですが、バッテリー付属の(ちゃっちい)専用工具よりも使用済みテレカを使います。上蓋と裏のケースの境目にテレカの丸い角を差し込んでいきます。先っぽの数ミリでも入ってしまえばこっちのもの。あとはうりうりテレカの一辺を滑り込ませます。

IMG_5496-(1)

前面に見えるのが東芝製ハードディスクMK20004GALです。

IMG_5499

裏側ケースと本体を繋いでいるリボンケーブルを慎重に外します。この裏側ケースの上部と繋がってるリボンケーブルですが、本来この部分まで分解する必要もなかったのすが、何度か抜き差しをしているうちにケーブルが外れてしまい再度繋ぐ時に向きを逆に付けてしまったために本体を組み直しても画面のロックが消えないことに。要注意です。

IMG_5500

IMG_5501

ハードディスクを持ち上げるとバッテリーが見えます。黒の絶縁テープを剥がし、コネクターのピンをあげてリボンケーブルを外します。

 

IMG_5504

ハードディスクを取り外します。

IMG_5506

さらに、6カ所のビスを外し基盤を本体から取り出すとバッテリーにアクセスできるようになります。

IMG_5508

分解できました。ここから新しいパーツを入れ込んでいきます。

IMG_5509

こんな感じです。ハードディスクに使われていた青の保護ラバーをサイズが違うのもおかまいなしで再度装着してあります。

IMG_5527

この状態でiMacに接続、SDカードは事前にMac拡張ジャーナリング(HFS+)しましたが、exFATのままでも良かったかもしれません。

IMG_5516

青色発光ダイオードが怪しく光りアクセスを示しています。
新しいiPodが見つかりました!

IMG_5515

工場出荷時の設定に戻します。

IMG_5514

14,807曲入って残り19.8GB!

IMG_5521

シャッフルで記念すべき1曲めに選ばれたのはFrank Zappaの”Strictly Genteel”ですからarf!

IMG_5523

O.L.H.

HDDの話題の後は、ILOならぬ、OLH a.k.a 思い出ラッキーホール、がOnly Love Heartsと名前をかえてGreatest Hitsをセルフカバー。後ろに見えるのはケン月影画伯描く傑作「代理母」、そこからの楽曲7曲を含む11曲をUpdatedして帰ってきました、やはりこれだけ濃厚な世界観を持つ楽曲を次から次に生み出すのは並大抵のことではないのでしょう。ダークエンドストリートから視る市井の人々の生き様を5分半の中に凝縮していく作業、どこにでもありそうで実はわれわれが避けて知らんぷりしている別世界、在日、フィリピンパブ、風俗から老人のセクシャリティまで鋭く切れ込みます。

IMG_5357

 

五寺

今頃Yosemiteにアップグレードして感涙している愚か者ではありますが、OSが安定して気になるのはiTunesのバックアップとライブラリの保全。

iTunesの音源を保存しているHDはTime Machineでバックアップとるのはとうに諦めているんですが、「iTunes Music Library.xml」だけはTime Machineでバックアップしときましょう。タグにいろいろ書き込んでスマート・プレイリスト作っていたりすると、これが壊れた日には自分が気に入っている曲も、再生回数の多い順に再生させて自分の人生を振り返ることも、さらには今後、購入するCDさえもわからなくなります。iTunesが再生中に何らかの原因で落っこちて、あるいはOSがフリーズして、その後、iTunesを再起動させると、「ライブラリが見つかりません」なんて軽くいわれることもあるのですが、Time Machineでこのファイルさえバックアップしておけば、そいつをMusicフォルダに入れ直せば見事に復活します。わたしはこれで何度も助かっています。

音源のバックアップは容量的に諦めているものの、ハイレゾやらアナログ起こしのFLACファイルが溜まってきてMusicファイルを保存している3Tの外付けの容量が一杯になりそうなので、そうなる前に早めに手を打つべく目を付けたのがMarshalの5.0T HDDです。リファービッシュHDDという何らかのトラブルで返品されてきたHDDを再生したバルク品。送られてきたパッケージには「新品」という表記もあり、考えてみればHDDが不良で返品されればHDDをバラして修理するとは考えにくく、単純に別の箇所に不具合があって返品されてきたPCのHDDを取り外したものと考える方が自然のような気もします。しかも出荷前に動作確認済ということで「初期不良なし」と考えればむしろ安心かもしれません。

こいつを早速、FireWire800お立ち台に差し込んでiTunesの「ライブラリを整理」→「ファイルを統合」「”Music”フォルダ内のファイルを整理し直す」にチェックを入れてコピーを開始。待つこと1日半、無事全てのファイルが新しい5.0THDDに移し替えられました。

IMG_5356

Yosemite

これまでOS8に始まって、アップルのメージャーアップデートには速攻対応させていただいていたのですが、Yosemiteに関してはいろいろ風評もあって、Wi-Fiつながらない、GooglChromeがクラッシュ、Officeがダメ、などなど、アップグレードを躊躇していました。

ところが、iMac (27-inch, Mid 2010)がここに来て、画面はちらつく、Power Mac 4400/200のころのようにフリーズ、再起動の嵐、再起動の度にiTunesがライブラリを読み込みなおすのに10分もかかる、挙げ句の果てにはライブラリが見つかりません(涙)。

動作が不安定なのはOSの問題としても、画面がちらつくのは、ビデオボードの不具合、OSクリーンインストールしたところで、ハードウエア的な部分はいかんともしがたく、そろそろ買い直しかとも思ったのですが、ダメ元でYosemiteへアップグレードしてみました。

すると、インストール後「エル・キャピタン」が立ち上がってきて、「おおっ」銀河系もよかったけど、これも壮大よの、などどしばらく見とれておりました。

「あれれのれ?」あんなに夜空に輝くお星様のようにキラキラ輝いていた画面のちらつきがいつの間にか消えているではありませんか!朝、起動したときなど、いままでのようなちらつきは多少あるものの、機械が暖まるとウソのように安定するように。

ネット関係も問題なくつながっているし、キーボード入力も快適で、動作も重いとも思えず、「今までオレは何をしていたんだっ」。起動しなくなったソフトもなくはないし、Photoshopのショートカットに不具合が出てるけど、IMをU.S.にして起動させればイイだけの話で、一日一回再起動から解放された喜びに代えられるものではありません。

IMG_0812IMG_5358

昨年12月にNHK、BSプレミアムで〜日本語ロックの金字塔はどう生まれたのか?〜
名盤ドキュメント(3)はっぴいえんど「風街ろまん」が放映されました。
番組は、新たに発見された8chのマスターテープを再生しながら細野晴臣、松本隆、鈴木茂が当時を振り返るという趣向で、BBCのTVプログラム「Classic Albums」シリーズのようなというか、明らかにそれを意識した作りになっています。

Rockを聞き始めたころ、まさか今自分が聞いている音楽が40年の間に「音」以外の価値が熟成され再度評価の対象になるなんて思いもしませんでした。ビートルズは既に解散していましたが、解散からまだ数年でレガシーほどにはなっていなかったような気もします。

はっぴいえんどのファーストと「風街ろまん」がリマスターされて「はっぴいえんどマスターピース」として発売されるとは聞いていましたが、2004年のボックスセット以上のものが出てくるとも思えず、ここは傍観を決めこもうと、暮れからディラン、スプリングスティーンそしてツェッペリンで散財させられてましたし。

ロンドンはメトロポリス・スタジオで「ハーフスピード・カッティング」を施したアナログ重量盤にもグラッとは来ていましたが、結局、先の番組を見ていたら大瀧さんの「香典だ」、鈴木さんもいろいろあって、「お布施だ」。最終的に無事、公共放送が背中を押してくれたことで、こうして手元に( 涙)。

まずは、96kHz/24bitハイレゾ音源からダウンロード、ぶったまげました、いまだにこればっかり聞いていて、アナログはおろかCDさえも聞けてない状況ですが、iMacから光ファイバーでデジタル・プロセッサーに飛ばして、同じく光ファイバーでスピーカに送る、というとたいそうな装置と思われるでしょうが、総額5万円もしないチープなやつです、でも理論的にはアナログ信号はスピーカーエンクロージャーの一部の配線だけしか通ってないはずで、その意味ではけっこう原音忠実なような気がします。

なんといっても、ご本人もおっしゃってるようにギターの音がえらく過激になっていて、ジミ・ヘンドリックス〜ニール・ヤングの系譜が、そしてなんでロンドンでのリマスターだったのか、納得です。

IMG_5347 IMG_5348

右のアナログ盤はVIVIDSOUNDの再発盤です。違いがあるのかっつう。

46年待ったぜ!

ということになるのでしょうか、アン・アーバーでのライブ盤の発売日の告知が掲載されたのが「ブラック・ミュージック・レヴュー」がまだ「The Blues」と称していたその最終号で、記念すべき誌名変更第1号の表紙を飾ったのもやはり、そのアルバムでした。

サム・マジェット、死の1年前、シカゴから北へ車を走らせること2時間、ミルウォーキーでの発表ライブ、やっぱ、アナログ盤でしょ、しかもCDに入っていないボーナス・トラックが1曲有り!

IMG_5351 IMG_5352

IMG_5355

 

アルバム・ジャケットは白黒写真をコンピュータ処理して人工着色してるんだろうけど、Epiphone Casinoのチェリーと首からしたたり落ちる汗がミョーにリアルです。

IMG_5354

World AIDS Day

世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。(厚生労働省)

レッドホット機関(RHO)は、ポップカルチャーを通じてエイズとの戦いに専念する非営利、501(c)3、国際的な組織です。1989年の創業以来、400以上のアーティスト、プロデューサーやディレクターは、HIV /エイズ救済と意識向上のために16以上のコンピレーションアルバムに貢献し、関連のテレビ番組やメディアイベントを立ち上げ、10万ドル以上の寄付を世界中から集めてきました。1990年、ブルー(コール・ポーター)デヴィッド·バーン、アニー·レノックス、トム·ウェイツ、U2たちに始まり、インディゴ(エリントン)、リオ(ジョビン)、フェラ・クティなど多くの「レッド・ホット+」コラボ・アルバムが制作され、今回は初のクラシック作品「バッハ」。
さまざまな音楽家、プロデューサー、DJ、現代音楽のアーティストが集い、バッハが300年以上前に残した作品が新たな解釈を施され、現代に甦らせるプロジェクトです。フラット・マンドリンの天才クリス・シーリー、シンガーソングライターのガブリエル・カハーン、ミア・ドイ・トッド-前奏曲ハ短調に触発された「愛の園」、ジャズ・ベーシスト、ロン・カーター、DJ/プロデューサーのキング・ブリット、アイスランドのバンド、アニーマ、現代音楽のフィールドで活動するクロノス・クァルテット、クラシックに軸足を置きつつジャンルを超えて活躍するヴァイオリニストのダニエル・ホープ、クラシックからテクノまで幅広い活動を繰り広げるピアノのフランチェスコ・トリスターノなどが参加しています。アレンジャー、プロデューサーそしてヴァイオリン奏者としても有名なロブ・ムーズはアントニー·アンド·ザ·ジョンソンズ、スフィアン·スティーヴンス、ザ・ナショナル、ボン·イヴェールとの仕事でロックファンにもおなじみでしょう。

IMG_5339
1. メヌエット(パルティータ第5番より)…ロブ・ムーズ(テナー・ギター)&クリス・シーリ(マンドリン)
2.ミニム(平均律クラヴィーア曲集第2巻より)…ダスティン・オハロラン(ピアノ)
3.Jardim do Amor(前奏曲ハ短調BWV999)…ミア・ドイ・トッド(ヴォーカル)
4.タイム・ドリンクス・スリー・ショッツ(平均律クラヴィーア曲集第1巻より)…シャラ・ウォーデン
5.ナンバー・マン(無伴奏チェロ組曲第5番よりサラバンド)…ポール・デ・ヨング
6.ザ・ウォッチメーカー(無伴奏チェロ組曲第3番より前奏曲)…スチュアート・ボギー(クラリネット)、グレイ・マクマレイ(ヴォーカル、ギター)
7.ヴェリー・オウン(協奏曲ニ短調BWV974からアダージョ)…ジュリアナ・バーウィック(ヴォーカル)
8.ミニム(ヴァージョン)(平均律クラヴィーア曲集第2巻より)…ヴィクター・アクセルロッド(ミックス)、ダスティン・オハロラン(ピアノ)
9.パッサカリア(パッサカリアとフーガハ短調より)…アミーナ
10. コントラプンクトゥスI(フーガの技法より)…マックス・リヒター
11.アリオーソ(前奏曲BWV921&ヴァイオリン・ソナタ第5番より)…ミゲル・アットウッド・ファーガソン(ヴァイオリン)
12.G線上のアリア(管弦楽組曲第3番より)…ダニエル・ホープ(ヴァイオリン)
13.チェロ組曲第1番(無伴奏チェロ組曲第1番より前奏曲)…ロン・カーター(ベース)、ゲイリー・バーツ(サックス)
14.アヴェ・マリア(バッハ/グノーのアヴェ・マリア)…キング・ブリット
15.Ludepre(平均律クラヴィーア曲集第2巻より)…フランチェスコ・トリスターノ(ピアノ)、カール・クレイグ(エレクトロニクス)
16.コントラプンクトゥスII(フーガの技法より)…ジェフ・ミルズ(エレクトロニクス)、クロノス・カルテット
17.コントラプンクトゥスII(フーガの技法より)…クロノス・カルテット
18.コンチェルト第5番(ピアノ協奏曲第5番ヘ短調よりラルゴ)…オンマス・キース(キーボード)
19.ディア・ゴールドベルク(ゴールドベルク変奏曲より)…ガブリエル・カハーン(ヴォーカル)

永遠のアバンギャルド

というとキャプテン・ビーフハートに冠される枕詞と思っていたんですが、実はフランク・ザッパの方だったんですね。ミュージック・マガジン1980年2月号、誌名から「ニュー」が取れて2冊目のこの号にはお世話になりました。センセと隊長のディスコグラフィーが掲載され、まだこのときセンセのアルバム数28枚!、巻頭記事が中村とうようさんの力作で、某エージの腑抜け記事が玉に瑕ですが、山名昇氏のキャプテン・ビーフハートを読んでは「トラウト・マスク・レプリカ」たぁそがいにええもんなんかと悶々としておりました。
その隊長が亡くなって4年、ライノから”SUN ZOOM SPARK: 1970 TO 1972″という彼がマジック・バンドとともにストレイトとリプリーズにレコーディングした3作のアルバムに、その当時のアルバム・アウトテイクを集めたディスクを加えた4枚組CDボックスがリリースされました。ライナー・ノーツによると隊長さん、ワーナー時代がいたくお気に召していたようで、人々に優しくされ、理解もされていたからだそう、隊長も人の子なんですね。
今回収録される3枚のアルバムはリマスターされ、『LICK MY DECALS OFF, BABY』(1970年作品)、『THE SPOTLIGHT KID』(1972年作品)、『CLEAN SPOT』(1972年作品)、装丁は「5 Classis Albumsシ」リーズに準じた簡易紙ジャケを豪華BOXに入れ込んだもので、「クリア・スポット」のビニール・パッケージが再現されています。当時リアルタイムで聞けたのは「クリア・スポット」だけでしたが、ラス・タイトルマンがプロデュース「隊長 meets バーバンク」という、ライ・クーダーのファーストアルバムに近い感覚がミョーに心地よかったものでした。

IMG_5337

1979年ベストアルバムも掲載、「東京ワッショイ」「Y/ポップ・グループ」「ラスト・ネヴァー・スリープス」など。

IMG_5338