高額療養費制度多数回該当

一年に4回目以上は減額

医療機関や薬局の窓口で支払った額(※)が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

多数該当とは、直近の12か月間に、既に3回以上高額療養費の支給(含む、限度額適用認定)を受けている場合には、その月の負担の上限額がさらに引き下がる制度を言います。

「直近の12か月間」とは(同一世帯でも可)診療を受けた月の前11か月間ということで、診療月によって、12月であれば直近の12か月間は、当年の1から11月、7月であれば直近の12か月間は前年の8月から当年の6月となります。

kougaku

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です